FC2ブログ

巣鴨から谷中散歩(初音小路編)

途中で見つけた渋い路地!
ここネットで見たことあるよ。木のアーケードって珍しいんだって書いてあった。
s-DSC_0403.jpg

s-DSC_0409.jpg

袋小路です。
s-DSC_0414.jpg



入ってすぐ左の中華料理店。
ここにのれんがあるけど、中はどう見ても厨房です。
s-DSC_0418.jpg



s-DSC_0460.jpg




s-DSC_0445.jpg

ここにもネコが
s-DSC_0437.jpg


奥からキリギリスの鳴き声がすると思ったら。
s-DSC_0429.jpg


生活感あふれる店の入口
s-DSC_0448.jpg

京子さんと力弥さん
s-DSC_0457.jpg


店名のない小料理屋。窓に造花を飾っちゃうこのセンス。
s-DSC_0462.jpg


昼間は薄暗い袋小路ですが、きっと夜になると明るく輝くのでしょうね。



朝倉彫塑館。本日休館。
開いてても入んないけどな。
s-DSC_0470.jpg


いい感じの町家が点在している台東区です。
s-DSC_0465.jpg
s-DSC_0468.jpg
s-DSC_0482.jpg
s-DSC_0480.jpg
s-DSC_0475.jpg
s-DSC_0469.jpg
s-DSC_0471.jpg

旧吉田酒店
s-DSC_0490.jpg

その向かいのカヤバコーヒー。ずっと閉まってたけど最近やってる。
s-DSC_0496.jpg

何屋だか良くわからない。
s-DSC_0476.jpg


「12時ごろ」って。
s-DSC_0485.jpg


個人美術館的な看板だしてるけど、中はオバチャン向けの服やら装飾品やらが
置いてある怪しい店。
s-DSC_0501.jpg


東京芸大まで戻って来ました。
s-DSC_0504.jpg

何かすごい臭いと思ったら、一面ぎんなん。
芸大の敷地内なので拾えません。
s-DSC_0507.jpg
薄暗くなってきたので、帰ります。


今日は結構収穫あったぞ、と満足しながら帰路に着くのでありました。














スポンサーサイト



巣鴨から谷中散歩(谷中編)

日暮里駅から外へ出た。

うん、この景色、落ち着くわ~。
そこの○○○もちょっと懐かしい(謎)
s-DSC_0272.jpg


さてどこへ行こうか。
谷中銀座にでも行ってみるか。

何年も前から谷中銀座に人がいっぱい来るようになったのは
知っていました。
バスの中から「ナニコレ、平日でもあんな所に人がたくさん、
さすがマスコミの力は大きいな」と思っていつも見てました。

台東区のバス「めぐりん」は、100円で3路線乗り継いでも100円です。
1日乗車券は300円(3路線全部有効)。
渋滞を避けて狭い路地を通るので小型バスを使っています。
浅草上野観光におすすめです。
東京は一方通行が多いので、一方向周回ルートなのが唯一不便な所。

東西めぐりんは、この谷中銀座の見える所を通ります。
今日は徒歩。

この日は暑かったので、混み混みのルノアールで水分補給して出発。
日暮里にドトールは無かった。


古そうな佃煮屋さん
s-DSC_0273.jpg


立派なお寺さんです。谷中から浅草にかけては寺が多く、特に谷中周辺の寺は古い建築が多いのです。
s-DSC_0274.jpg

こちらもいい感じ。中に観光客らしき人が入っていたので私もおじゃましてみました。
普段は、門は開いてるけど、入っていいのか解らないので入ったことがありません。
s-DSC_0276.jpg

センスの良いお庭です。真ん中の丸い所が謎ですが。
s-DSC_0277.jpg

楠の古木。ちゃんとケアしてあげてるんですね。
s-DSC_0278.jpg

スズメたんものんびり。
s-DSC_0280.jpg


この先が、夕焼けだんだんです。一番右のおねーさんは何かのパフォーマーらしい。
普段、この辺にこんなに人はいません。
s-DSC_0285.jpg


はい、夕焼けだんだんです。見て、この先の人の多さ!(クリックで拡大)
s-DSC_0290.jpg


今日は人が多いからか、ネコはこの子だけでした。
s-DSC_0275.jpg


早速、入り口左のイカ焼きに行列。前方に人がいないのは、デカいカメラを向けると人が避けるからですw
s-DSC_0304.jpg

カメラを構えたまま歩いたらみんな避けて歩きやすいなw でも一応気を使うようにしてます。
人が途切れるのを見計らって映すようにしてますが、なかなか難しい。


お馴染みの100円ショップだが建物は渋い!
s-DSC_0320.jpg

こちらもお馴染みのドラッグストアですが、渋い。網戸 破れてるしw
s-DSC_0371.jpg

スーパーも渋い
s-DSC_0367.jpg


大人気のお惣菜屋さん。やきとり1本50円!
s-DSC_0380.jpg


ベーゴマやってる
s-DSC_0402.jpg



テレビで紹介されたメンチカツは早々売り切れ。
s-DSC_0311.jpg


魚屋さん。これが本来の商店街の姿でしょ。でも店の人は複雑だろうな。観光客は生魚買わないし。
s-DSC_0315.jpg


商店街から路地に入った砂時計屋さん
s-DSC_0326.jpg

シンプルな砂時計は高いので、カップラーメンの蓋に置く用の3分計を買いました。2700円。
ジャムも売ってた。
ジャムの方は6ヶ月替りの委託スペースらしい。
「いちじくラムアーモンド」「カボチャオレンジ」「バナナフランボワーズ」「梨ルバーブ」。
この店、すごく小さいのですが、店内にカウンターが3席あり、コーヒー飲めます400円って書いてあった。
でもエアコン無いよ。
s-DSC_0510.jpg
下に敷いてるのは、「旅するミシン店」のオリジナル手ぬぐい。


酒屋の看板娘の元気な呼び込みと、外の飲みスペースに座って一杯やってる人達。
s-DSC_0358.jpg

谷中のメインキャラクターはネコ
s-DSC_0360.jpg

美味そうなコーヒー屋。でも入りません。だってたいがい禁煙なんだもん。
s-DSC_0379.jpg


この日は暑かったので、こんな気配りが。美容院です。
s-DSC_0366.jpg


草履屋さん
s-DSC_0372.jpg



反対側の根津千駄木側まで来ました。
こっちの方が建物がいい感じです。
s-DSC_0361.jpg

ここで「よみせ通り」という商店街にぶつかります。
こちらは、素朴な商店街です。
s-DSC_0329.jpg
入り口からいきなり「おしゃれの店 パール」です。

s-DSC_0335.jpg
s-DSC_0332.jpg
s-DSC_0338.jpg

キッチンという店名の割には 蕎麦屋みたいなのれんです。店名の由来が気になります。
s-DSC_0337.jpg


そろそろ引き返します。右上の焼肉屋の店名に注目w
s-DSC_0401.jpg



だんだんまで戻って上野駅を目指します。

s-DSC_0382.jpg

だんだん横のアパートが昭和感バリバリです。
s-DSC_0400.jpg


だんだんから上野方面には、こんな路地を通って。
s-DSC_0328.jpg
s-DSC_0327.jpg


初音小路編へつづく。





〈関連リンク〉
谷中・根津・千駄木の歩き方
http://www.yanesen-kaiwai.com/pg67.html
夕焼けだん団
http://www.yuyake-dandan.jp/
オススメのジャム
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13038469/





巣鴨から谷中散歩(巣鴨編)

巣鴨 とげぬき地蔵に行って来kました。



JR巣鴨駅 正面口 から外へ。
駅ホームから大きな案内の貼り紙があり、
誰でもすぐ解るようになってたw
「正面口出ての大通りを渡って右へ」とのこと。

案内通りに5分ほど歩くと、おばあちゃんの原宿、
巣鴨地蔵通り商店街の入り口はすぐにありました。
(写真を撮ったはずなんですが、何故か写ってなかった orz)

かなり人が多いです。
テレビでも随分取り上げられて若い人も結構いる、
と聞いていましたが、ほどんどいません。
やっぱり おじいちゃんおばあちゃんのみです。

有名な「赤パンツ」の店を
探したんだけど、解らなかったです。

商店街はかなり長く続いていて、ずっと奥までは、
きっとおばあちゃん達は来られないだろうと思う。
案の定、混雑してるのは巣鴨駅側の2~3百メートルだけ。

この商店街に「菊谷」という蕎麦屋があるのを
事前リサーチしておいたのですが、
祭日で昼どきという事もあり10人くらい並んでる。
食べ物に並ぶのは好きじゃないので、ここはパス。

これといって目ぼしい物も無かったので、このまま都電の庚申塚駅まで
出て池袋方面へ。

s-DSC_0255.jpg
s-DSC_0259.jpg


池袋駅に近い「東池袋四丁目」で下車して徒歩で池袋へ。
s-DSC_0266.jpg
東池袋四丁目駅。 草ぼーぼー。


s-DSC_0263.jpg
かわいい都電のすれ違い


s-DSC_0271.jpg
歩いてる途中でみつけた台形の変なマンション

ひとまず池袋の居酒屋ランチで昼食してJR巣鴨駅へ。

そのままJRで乗換駅「日暮里」で下車。
せっかくだから谷中でも散歩するかな、ってことで外へ。


谷中編へつづく。







プロフィール

モンスター相澤

  • Author:モンスター相澤
  • これが俺です
      横のパンダじゃありません。
      niftyserveの頃、
      使っていたHNです(古っ!)
      詳細はこちら

ブログ内検索